電話番号083-973-2767

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷1184(津市下)

山口市、歯科、歯医者、藤井歯科医院、インプラント、矯正歯科、ホワイトニング、入れ歯、歯周病

義歯

Q&A
MOBILE
トップページ»  義歯

義歯について

「食べ物が食べられない」
「ちゃんと喋られない」
「食いしばれないから、力が出ない」
など、様々な理由から、入れ歯を入れられる方がいらっしゃいます。
しかし、入れ歯を入れたものの、「どうも満足できない。」とお思いの方も多いのではないでしょうか?
保険診療で作られる一般的な入れ歯は、使用できる素材に限界があるため、細かい点で満足の行く物という訳にはいきません。
そんな不満を解消するため、特殊な素材を使用した入れ歯を取り扱っています。
「固い食べ物もしっかりと噛みたい」「ぴったりとフィットする入れ歯にしたい」「入れ歯を入れてると気付かれたくない」など、ご希望に合わせてご提案させていただきます。

金属床義歯

床の部分が金属なので、薄い、割れにくい、熱の伝わりが良い等の利点があります。
床の部分に用いられる金属は3種類あり、以下のような特徴があります。

コバルトクロム床 最もオーソドックスな金属入れ歯
チタン床 軽くアレルギー反応も起こりにくい材質
金床 最も熱の伝わりが良く身体に優しい素材

フレキサイトデンチャー

入れ歯のバネが歯茎の色をしており、金属の色が見えず自然な仕上がりとなります。維持の部分のみ金属となり、素材も普通の素材より強いものを使っています。

バネの見えにくい入れ歯

部分入れ歯をお使いの皆さんは、金属のバネを歯にひっかけていらっしゃると思います。このバネにより、入れ歯を横揺れやしずみ込みからなるべく防いでいる仕組みです。
噛む力はかなり強いので、バネも強い維持力や把持力を持つ金属でないと簡単に折れてしまいます。これがバネが金属である理由の一つです。しかし、奥歯にバネをかけるならともかく、前歯にかけていらっしゃる方は見た目が気になる方も多いのではないかと思います。

その悩みを減らすために『バネが見えにくい入れ歯』があります。
入れ歯の素材も普通のものより強いプラスチックを使い、バネも歯ぐきと同じ色のものを使い、見た目に入れ歯とわかりにくい構造になっています。
見た目を良くする、普通の入れ歯より強い樹脂を使う・・・という一歩進んだ治療のため、保険適用ではありませんが、見た目を気にされる患者さんには好評です。

TOP