電話番号083-973-2767

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷1184(津市下)

山口市、歯科、歯医者、藤井歯科医院、インプラント、矯正歯科、ホワイトニング、入れ歯、歯周病

歯内療法

Q&A
MOBILE
トップページ»  歯内療法

歯内療法とは

歯内療法(根管治療)とは、むし歯が歯の根っこにまで達してしまった時や、歯の根っこ部分に膿ができてしまった時に行う治療です。通常のむし歯治療のように削って詰めればいいというわけではなく、歯の根っこにある細い管の中の状態を把握しながら、取り残しのないように細菌を取り除いていく必要があります。

もし少しでも細菌が残っていると、治療が終わった後、歯の中で細菌が再び繁殖してしまうことになるからです。歯内療法は特に高い技術と特別な設備が必要な治療ですので、治療を受ける際はその点もしっかりと考慮するようにしましょう。

歯の根を残す根管治療

根っこの治療(根管治療)とは、歯根治療とも呼ばれ、神経までむし歯が到達してしまった場合、神経の通る管(根管)の神経を取り除き、中をキレイにする治療のことです。
もう一つのケースは以前に歯内療法の処置が施されている歯に問題が生じた場合で再治療が必要になる場合もあります。

むし歯が神経に到達してしまった場合は、神経をとる他ありません。神経をとってしまうと、歯の寿命は半分になると言われていますが、これは歯の質が弱くなるからではありません。痛みを取るために必要性を十分に把握した場合に限って神経の処置をしています。
根の治療は時間がかかる処置で、歯科医の技術が問われる治療です。その反面、治療がうまくいくと大きな効果を得ます。単には1本の治療でも残せるか残せないかはその後の治療の方針にも大きく作用します。

歯内療法のポイント

歯内療法では、とにかく清潔で感染リスクの少ない環境を作ることが重要です。器具を全てオートクレーブで滅菌しているのはもちろん、ラバーダムで唾液の侵入を防いだ状態で、科学的な根拠に基づいた消毒や調薬をしていきます。そして、最後は再発リスクを抑える精度の高い補綴物を、責任を持ってお作りします。

TOP